自律神経セロトニン

セロトニン活性協会

自律神経

自律神経とは、循環器、呼吸器、消化器などの活動を調整するために交感神経と副交感神経が交代で24時間生きてる限り、ずーーーっと働き続けている神経です。

ですので、自律神経失調症になると、特に原因が思い当たらないのに様々な症状が現れます。慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、 下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感、イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、あせりを感じる、など症状はいろいろ出てきます。

セロトニン

そしてセロトニンは腸や血液中にも有りますが、とりわけに脳内にあるセロトニンは幸せホルモンといわれ、心の安定に欠かせない脳内物質です。

セロトニンの分泌が少ないと起きてくる体の不調は多岐にわたり、自律神経のバランス調整に大きくかかわっています。

上記以外にも〇腰痛が改善しない 〇首、肩、背中が辛い 〇顎関節症   〇疲れやすい 〇うつと診断された 〇どこに行っても改善しなかった。 

等々、自律神経のバランスが崩れたことによる症状は、ほぼセロトニン不足によるものが多いのです。

そして、その脳内セロトニンはある施術によって増やせることが、科学的にわかりました。

その施術を取り入れている整体院はまだ少ないのですが、当院では開発者である先生に直接学び、患者様に還元できる「セロトニン活性協会」認定院となっております。

セロトニン

『セロトニン神経活性化の臨床的評価:脳波α2成分の発現』
セロトニンが施術によって、分泌されるという論文発表がなされています。α2とはスポーツ選手が入ることのできるゾーンといった静かに集中出来ている最高の脳の状態の時に出ている脳波です。

α2 脳波 グラフ

施術でのα2脳波変化のグラフα2脳波とは、リラックスしながら超集中している、トップアスリートなどが経験する、いわゆるゾーンと言われている状態です。脳波を測定しながら施術を行いゾーン状態に整体で持っていけるのが、左のグラフのようにわかります。

自律神経のバランス

施術法の雑誌掲載です。
開発者である先生が掲載されています。

健常成人に対するセロトニン活性療法の影響に関する研究

健常成人に対するセロトニン活性療法の影響に関する研究が医療雑誌掲載されています。